冷製専用


本日もご来店ありがとうございます。

当店で使用している冷製専用生パスタです。
冷たい麺類に昔から馴染みが深い日本人。
パスタを冷やして食べようなんて発想も
もともとはイタリア人シェフが日本で食べた
ざる蕎麦がヒントだとかとの説がございます。
まぁこういう「これが元祖!!」みたいな話は
どうしても諸説云々でますので正確かどうかは
解りませんが・・・・
そのとき出来たレシピが
カッペリーニの冷製 キャビア乗せ 
一口サイズの前菜だったそうです。

冷製パスタの調理の悩みは
水っぽくなってしまう!! これに尽きると思います。
うどんやそばの場合、だしの味を濃くしたり、
冷やし中華は酸味を利かせたりして水っぽさを調整してますね。
しかしパスタの場合もう少し難しい・・
もともとパスタに含まれる塩の量が少ないのです。
パスタの茹で汁に塩を足すのはそのためです。
冷製にする時冷水で冷やすとせっかく足した
塩分が抜けてしまい、なんだか味気なく水っぽい
パスタになってしまうんですね・・・
おそらく初めて冷製パスタを作ったシェフも
それが嫌で一口サイズの前菜にしてソースと
キャビア(塩辛いですよね)で調整したのだろうと思います。

とにかく冷やした後はよく水気を切るが基本で
ざるでよく切ったり、さらしで包んだり
水につけないで氷を当てたボールで冷やしたりと
いろいろなレシピがあります。
私もいろいろ試しましたが、どれも良い塩梅になりません。

そして出会ったのがこの生パスタです。
(オーバーな表現ですがwww)
乾麺より塩分含有量が少し多めで
うどんやそばの麺と同じ扱い方が出来ます。
生麺なので冷やしたときのコシもばっちり!!
やはり冷たい麺を食べなれている日本人が
製造してあるだけはあります。
専用なので夏季限定!! 気になったら一度お試し下さい!!!

2015-05-26 20.19.01

コメントは受け付けておりません。